映画のような滑らかな動画撮影! ジンバル使ってみた

こんにちは! PITの萩原です。
突然ですが、「ジンバル」ってご存知でしょうか。動画を撮影するときに使う機器で、手ブレを抑制して滑らかな映像にしてくれます。先日ちょっと興味でジンバルを買ってみたので、ご紹介したいと思います。

ジンバルはどのように使うの?

ジンバル は、安いものからプロユースまでさまざまな種類がありますが、私が買ったのは「Snoppa M1」というスマートフォン向けの機器です。
執筆時点で約1万5000円くらいのようですね。

アマゾンの商品紹介ページへ(リンク)

↑上記リンクのような形をしているのですが、軸の部分を手で持ち、スマートフォンを先端に取り付けて使います。
ジンバルの中には小型のモーターが内蔵されていて、手ブレを検知するとモーターの力で逆方向に角度を補正することで、手ブレを抑制してくれます。
1.5時間の充電で4時間使用可能だそうですので、長時間の撮影にも対応できそうですね。

ジンバル試してみました

ということで、さっそくジンバルを試してみました。使用前・使用後で比較するような形で動画を作ってみましたので、ご覧ください。

特に走りながら撮影したときの映像を比較すると、もう全然滑らかさが違いますね。歩いたり走ったり、移動しながら動画撮影されるときには、ぜひお試しください!