英語の勉強に「英単語アプリ」使ってますか?


【中小企業診断士 IT研究会の「PIT」が本ブログは提供しています】

 

8月のPIT定例会で英単語学習アプリ 「mikan」 に注目しているという方がいらっしゃいました。

実験では、2日で約3120語を覚えられるアプリだそうです。

日本の企業で広く広まっているTOEICテストでは、990点満点のうち、860点を取るのに
10,000語が必要になるとのこと。

何年か前に、私も勤務先企業の強制でTOEIC試験を受けなければならず、やっと900点が取れました。

私の場合は、海外勤務9年弱を経て、何年もかかりましたが。。。

このアプリを使えば、かなり短期間でTOEICの得点アップが狙えるかもしれませんね。

但し、このアプリ、話題にはなっているようですが、まだリリースされていないようです。

(名前どおりに、未完で終わらないように期待したいです。)

仕方ないので、他の英単語アプリを初めてトライしてみました。

やってみたのは、無料アプリ「究極英単語」

たくさんのカテゴリーから、レベル別に選択できるのが良さそうです。

TOEICの800点コースをやってみました。

とりあえず、第1ステップ。ちょっと迷ったものもありましたが、なんとかクリアできました。

あまり、ゲームとかはやらない方なので、よくわかりませんが、脳トレゲームとか、ツムツムとかよりは

時間つぶしの意味がありそうです。

うちの子供もテレビゲームばっかりじゃなく、こういうのをやってくれたらいいんだけど。。

 

(Visited 50 times, 1 visits today)

関連記事

PITとは

実践IT研究会の略称です。
Practical Infomation Technology

中小企業診断士の研究会で、
診断士のIT力アップと、
中小企業のIT化支援の手法を
研究しています。
ページ上部へ戻る