LP(ランディングページ)について考えてみました。

ITnews

【中小企業診断士 IT研究会の「PIT」が本ブログは提供しています】

LP(ランディングページ)について考えてみました。
せっかくSEO対策して、検索エンジンで上位に表示されるようになっても、
訪問してきたユーザーが何もアクションせずに帰ってしまっては、意味がありませんね。
「申し込む」なり「買い物かごに入れる」なり、次のアクションへと繋げたいです。

そうすると次にLPに目が移りますよね?
LPに関連する商品・サービスも世の中にはたくさんあると思います。
ということで、LP関連の商品・サービスのLP自体を調べてみました。

1.LP関連の商品・サービスを売り込むランディングページにはどのようなものがあるの?

eadyLPO ubicast LPDesigner SharedMemo

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、気付くのは、ランディングページがマイクロサイトになることが多いです。

日用品と違って専門的な商品になるからでしょうか。
マイクロサイトは、企業サイトとは別に、ユーザーが欲しい商品の情報に絞られており、
「会社概要」や「採用情報」などは存在せず、
その商品の「姉妹品」や「機能そのもの」に特化しているから見やすいですね。

ちなみにこれはないと思いました。チラシかと。

LandingBuilder

 

 

 

 

 

 

フォントサイズや色の変更(特に原色)を多用していると、胡散臭さが際立ちます。

やはりイメージは大事ですね。

 

 

2.LPは作成しただけでは完了しない!googleアナリティクスを利用して成長させよう!

 

googleAnalytics

 

 

 

 

「Google Analytics」

http://www.google.co.jp/intl/ja/analytics/

LPを作成したら、Googleアナリティクスを利用してコンバージョン率をUPさせましょう。

トライアンドエラーで。

ABテストが一般的のようですが、Googleアナリティクスでも当然可能です。
以下のサイトが紹介する動画が参考になると思います。

「無料で出来るランディングページの新テスト方法」
http://www.lpo-consulting.com/2012/08/lptest/

 

自分の立てた仮説を試行して、実際にコンバージョン率がUPしたら、、、

そらもう、心地良いでしょうね~。

 

(Visited 91 times, 1 visits today)