イベント・展示会アプリが便利らしい・・・(Atmosphere Tokyo ~ App Visor Event)

ITnews

【中小企業診断士 IT研究会の「PIT」が本ブログは提供しています】

先日当研究会の会員がGoogleの企業向けの基幹イベントであるAtmosphere Tokyo 2015 Google for workに参加してきました。

詳細は以下URLの会員のブログをご覧いただきたいのですが、

http://tomokimatsubara.net/atmospheretokyo2015appisgreat/

こちらでは、ブログの中で私が特に注目したイベント専用アプリをつくるWEBサービスについてご紹介したいと思います。

そのWEBサービスは、『App Visor Event(アップバイザーイベント)』です。

AppVisorEvent

このサービスは、上記HPからの引用にある通り、5日という短期間での納品もさることながら、
イベントや展示会参加者の視点からかなり有用な機能が用意されています。
それがこちら・・・

Appvisor event機能

参加者は、タイムスケジュールや出展(出演)者情報、場内マップなどイベント参加者が必要とする情報を確認することとができ、効率的にイベントを回ることができます。
また、イベント運営者は、開催期間以前にそのアプリを先行配布することにより、最新情報を公開・配信し宣伝ツールとして活用できるほか、
既存の会員情報などユーザー属性を登録しておけば運営側からのアナウンスをユーザー一人一人に発信することもできます。

毎年開催されるイベントにおいては、アプリのアップデートにより翌年も続けて利用することができ、
年間を通して各種イベントを催している施設では、企画に合わせてタイムリーにファンへの呼びかけが行えるツールとして活用が可能です。

今後は、このようなWEBサービスを活用したイベントや展示会が増え、
紙に印刷されたパンフレットをめくりながら歩く、といった従来のスタイルではなく、
スマートフォン片手にイベント会場を巡る人々が増えてくるかもしれませんね!

(Visited 320 times, 1 visits today)