7月29日にガッカリしないために知っておくべき3つのこと


【中小企業診断士 IT研究会の「PIT」が本ブログは提供しています】

PITの松原です。

今回はリリースを真近に控えたWindows10について記事を書きます。Windows10といえば事前にリークされてくる情報やインサイダープログラムからの情報などで、

  • スタートメニューが復活して使いやすくなっている
  • PCもタブレットもスマホも同じアプリが使える
  • 今後はバージョンアップが無くなって常に最新の状態で使える
  • Windows7、Windows8からは無償でアップグレードできる

などなど、否が応でも期待が高まってきています。そんな皆さんが期待しているWindows10ですが、リリース予定日と言われている7月29日なってガッカリしないために知っておくべき3つのことについてまとめてみました。

1.7月29日に必ず配信される訳ではない

windows100729

画像参照先:Microsoft

7月29日というリリース日がクローズアップされていますが、7月29日に全ての人にWindows10が配信されるわけではありません。7月29日になって「予約しているのにWindows10が落ちてこない」、とガッカリしないように。

まず先行して配信されるのは推定500万人いると言われるインサイダープログラム利用者。インサイダープログラム参加者には開発に貢献した特典として無償で先行して製品版が提供されるようです。ITリテラシーの高い人々なので人柱にはもってこいとMicrosoftも認識していることでしょう。

次に配信されるのがWindows7、8、8.1利用者でWindows7を予約した人。こちらも7月29日から順次とアナウンスされていますが、Microsoftの解釈では「7月29日は無料アップグレードの開始日」ということで予約した人全員に即日Windows10が配信されるわけではないようです。WindowsOSのダウンロードなので相当なネットワーク負荷が予想され、負荷状況を見ながら段階的に配信されることになると思います。

iOSですらアップデートの初日はダウンロードするだけで何時間もかかるのに、容量の多いWindowsとなったらどれだけ時間がかかるのか想像もつきません。

2.全員無料ではない

Windows10microsoft

画像参照先:Microsoft

私の周囲にはWindows10は誰でも無償でダウンロード出来ると間違った認識をされている人が意外と沢山いました。Windows10は誰でも無償で使えるわけではありません。Windos10ではWindows7、8、8.1利用者は1年間無償でアップグレード出来るという特典が付いているというものなので、(あまりいないと思いますが)WindowsXP利用者がWindos10にアップデートしようと思っても出来ません。

3.全てのPCがアップグレード出来るわけではない

Windows7、8、8.1がインストールされているPCであればどんなPCでもWindows10にアップグレード出来るという認識をされている人がいますが、これも間違いです。WIndows10にアップグレード出来るのは以下に記載したスペックを備えたPCだけです。ここ2〜3年の間に発売されたPCであれば、ほぼこのスペックを満たしていると思いますが、古いPCを使っている方はご注意を!

<CPU>
1GHz 以上のプロセッサ

<メモリ>
32ビット版は1GB、64ビット版では2GB

<ハードディスクの空き容量>
32ビット版OSは16GB、64ビット版OSは20GB

<グラフィックスカード>
DirectX 9以上(WDDM 1.0ドライバー)

<ディスプレイ (画面解像度)>
1024×600

参考:Windows 10のリリースが直前に アップグレードする前に確認すべきこと

(Visited 50 times, 1 visits today)

関連記事

PITとは

実践IT研究会の略称です。
Practical Infomation Technology

中小企業診断士の研究会で、
診断士のIT力アップと、
中小企業のIT化支援の手法を
研究しています。
ページ上部へ戻る