レシート読み取り機能(OCR機能)付きの家計簿アプリを試してみました。

スマホ

【中小企業診断士 IT研究会の「PIT」が本ブログは提供しています】

先日、その存在を知りました。

お金の使い方なんて気にしたことがない!
お金に縛られたくない!
なんてかっこいいこと言ってみたいところですが、
いちサラリーマンの私にはそんなこと、とても言えません。
収支を気にして節約する毎日です。

ということで、スマートフォンのアプリで家計簿つけてみようと思います。
しかも、レシート読み取り機能(OCR機能)付きがよいです。
レシートをその場でカシャリ!楽ちんポイです。

日常的に利用するアプリは、始めが肝心。
途中で「ああ、使いづらいなぁ」と思っても、
心理的なスイッチングコストがかかります。

で、以下の3枚のレシートを試してみました。

 

レシート

・弁当屋の一般的なサイズ(食費。牛タン弁当。美味しい)
・かばん屋の横長レシート(ファッション。トートバック。P4サイズのMacBookAirが入る!素敵!)
・ビックカメラの縦長レシート。しかもクシャクシャ。(電化製品。マウス。先日壊れたので購入)

 

で、 試すのは以下の3つのアプリです。
・【総合1位の家計簿】ReceReco(iPhone)
・家計簿レシーピ!(Android/iPhone)
・家計簿Zaim(Android/iPhone)

 

結果は次の通り!

recereco_edit

その1「ReceReco」
OCR機能の識字率はとても良好。
日付もしっかり読み取りますし、なんなら販売店の名前も押さえちゃう。
アプリの作りもシンプルで使いやすいですね。
バナーは邪魔ですが、無料なのでしょうがない。

Screenshot_2013-09-29-23-51-55

その2「家計簿レシーピ!」
レシート読み取り機能付きの家計簿で結構有名のようです。
OCR機能の識字率はとても良好。
3つのレシート全て1回で読み取りました!
ただ、料理レシピのメモやキャラクター設定など家計簿以外の機能も多く、
アプリとして迷走しているような気が。女子向けだからなのでしょうか。。。
品目設定で手間が多くなるのが気になります。面倒くさくなっちゃいそう。
手軽に家計簿やり始めるにはちょっと使いづらいなー。という感想です。

Screenshot_2013-09-29-23-52-47

その3「家計簿Zaim」
OCR機能の識字率は。。。うーん。
ビックカメラのレシートはクシャクシャだから仕方ないにしても、
弁当屋のレシートを「読み取れませんでした」はいただけない。。。
3回試して1回読み取ることができましたが、大事な金額が間違えていました。

 

【使ってみて思うこと】
うむ。私にはReceRecoが使いよいですね。
しっかり金額が反映されていますし、使い勝手も良かったです。
さすが【総合1位の家計簿】です!ただ今のところiPhoneしかないようです!
来たれ!Android!

全てのアプリで言えることですが、
気になるのはアプリの向こう側(サーバ側)がデータ収集・分析していることです。
変な品物買えなくなることですね(汗)
後ろめたい物なんて買ってないですけど(本当に買ってないですよ)。
あ、逆に「見られたくない!」という心理を積極利用すれば、さらに節約できるかも!

 

 

 

(Visited 138 times, 1 visits today)