あなたはどうする?写真の保存→比較してみました!!


【中小企業診断士 IT研究会の「PIT」が本ブログは提供しています】

 

こんにちは。PITの安藤です。

最近のデジカメの性能はスマホでも綺麗にとれて、素晴らしいですよね。

しかし、その分写真のデータも増える一方。
さてさて… 困った。

最近ではローカルのハードディスクではなく、クラウド上に保存することで、スマホ、パソコン、タブレットと共有してうまくやりとりすることもできます。

そこで今回は写真向けのデータ保存方法とサービスの比較です。

 

1.ローカル保存方法

まずこれ。従来のローカル保存方法です。
HDDは最近では2TBが約1万円、DVD100円程度でしょうか。

手段 HDD(2TB) DVD(4.7GB)
保存枚数※ 40万枚 1000枚
コスト(円/枚) 0.03円 0.1円

2.クラウドサービス

だんだん主流になりつつあるクラウドサービスを比較しました。

 

サービス  iCloud スカイドライブ ヤフーボックス  ピカサ フォト蔵 DropBox
提供会社  アップル マイクロソフト ヤフー グーグル ジンガ  ドロップボックス
 容量価格 5GB無料10GB毎 2,000円/年  25GB無料 5GB無料
50GB(ヤフープレミアム)
1GB無料
約200~300枚
1GB無料
約200~300枚
無制限(1GB/月)
2GB無料
100GB 10$/年
10GB 約2000~3000枚 (0.7~1円/枚) –25GB無料
(約5000~7500枚分)
 約1万~1.5万枚分 –2048×2048ピクセル
以下無料(Google+)
–約2~3万枚
(0.04~0.05円/枚)

 

結論

現状では、Dropboxがクラウド環境下では、コストも安いようです。ローカルの大量の保有には、HDが適切である。
便利さではiCloudが良いようです。また、カメラメーカ-のサービスは高めだが、編集機能にメリットがあることもあるようです。

(Visited 67 times, 1 visits today)

関連記事

PITとは

実践IT研究会の略称です。
Practical Infomation Technology

中小企業診断士の研究会で、
診断士のIT力アップと、
中小企業のIT化支援の手法を
研究しています。
ページ上部へ戻る