LINEのスタンプ作成をアウトソーシング

SNS

【中小企業診断士 IT研究会の「PIT」が本ブログは提供しています】

 

みなさんは、LINEスタンプをもう作りましたか?

今年2014年の5月8日から、誰でもLINEのスタンプを作って販売できる「LINEクリエイターズスタンプ」のサービスが始まりました。

開始して、1ヶ月で総販売額は1.5億円にも上るそうです。そして売上TOP10の平均売上は470万円というから驚きです。売上の50%が個人の収入になるとのことですので、単純に考えて、半分の235万円が月収になるわけです。

これはもうやるしかない!

ということなんですが、そもそも自分はイラストのセンスないし・・、作るのも手間ひまかかるし・・、という人も多いかと思います。

そこで登場するのが、ネットで簡単に仕事を依頼できてしまう、という今話題のランサーズです。

↓クラウドソーシングなら日本最大級の「ランサーズ」
http://www.lancers.jp/

ランサーズとは、「仕事を依頼したい人」と「仕事をしたい人」をマッチングさせるWEBサービスで、ホームページ制作、アプリ開発、ロゴ・イラスト作成、など、70カテゴリの仕事があるそうです。

そして、その中で最近登場したサービスがこちら↓↓
lancers-line
3万円で、1万人超のデザイナーから最大40提案をコンペ形式で受けることができるそうです。
ただ、「LINEクリエイターズスタンプ」に登録するためには42種類のスタンプが必要になるので、追加発注が必要になるようです。

でも、これで先ほどの売上が見込めるなら、これは買いですね!!

PITの河村でした。

(Visited 55 times, 1 visits today)