Appleの新しいiOS6の地図は、マップは広域で、オフラインの利用が可能!

未分類

【中小企業診断士 IT研究会の「PIT」が本ブログは提供しています】

AppleInsiderより

Appleの新しいiOS6の地図は、マップは広域で、オフラインの利用が可能!
Apple’s new iOS 6 Maps support automatic offline use for a wide area
http://appleinsider.com/articles/12/10/05/apples-new-ios-6-maps-support-automatic-offline-use-for-a-wide-area
iOSの6の地図は、WiFiまたはモバイルの電波の外で使っている際に、
オフラインでブラウジングやGPSナビのために
非常に大規模な周辺地域をキャッシュできるようになる。

Vector maps in iOS 6 are so efficient that Apple can cache a very large surrounding area for offline browsing and GPS navigation when traveling outside of WiFi or mobile data coverage.


アップルの地図がオフラインでも使えるようになる!
Going offline with vector maps

Appleの新しい地図は技術的に大きく進化した!
2Dおよび3Dビューの高速、高度なナビゲーションを可能にする回転や視点が提供されている。

また、今までよりはるかに少ないデータの使用で、
結果をベクトル地図で高速に広域地図をダウンロードすることができます。

ネットワーク接続が切れる前に、効率的に地図のアウトラインを取得し、
その後のオフライン作業を可能にします。

 

とはいえ、iOS6の地図はまだまだです。
No real alternative vector maps for iOS 6, yet

 

GoogleやNokiaの地図のように、ビットマップと使って詳細に表示はできていません。
AppleがGoogleとNokiaのようなビットマップを介して地図を表示する計画は当面ありません・・・

Googleの最新バージョンは、それがiOSのユーザーに提供する場合も、マップ内のAppleの技術に追いつくために、そのベクトルマップ画像に多くの時間をかける必要があります。

(部分的にはiOSの地図の方が優れているってこと? よく言うよ・・・)

Appleの新しいマップで”の自動オフラインサポートは”、古いのiOS 5マップ、より相当に優れていることは間違いない。

(え?)

でも、Appleが国立公園や地域のトレイル、ハイキングやキャンプマップ、など詳細な、オフラインマップとしてオフライン地図の販売専門のパッケージを利用可能にしていないことにも驚きだ。

他の業者の力ももっと借りて、頑張れってこと?


(Visited 53 times, 1 visits today)