ザ・ハフィントン・ポストは流行るのか!?

ITnews

【中小企業診断士 IT研究会の「PIT」が本ブログは提供しています】

米国で最も読まれるニュースブログサイトの一つ、
「ザ・ハフィントン・ポスト(ハフポスト)」日本版の
サービスが7日に始まりました。

日本版では
「ブログとニュースに基づいた専門家とユーザー間の
 活発な意見交換が行われる幅広いプラットフォームを提供する」
   という。

うーむ、ニュースサイトとSNSの境目を狙ったもの?

アメリカでは今年1月時点で月間訪問者4600万人、
月間投稿件数は800万件。寄稿ブロガーは3万人いるらしい。

寄稿ブロガーが3万人というところが特徴なのか!?
みんなでつくるニュースサイトなんですね。

アメリカ版では、ハフィントンさんが編集長として始めて、
リベラルなニュースアグリゲーションサービスとして人気だそうな。

アグリゲーションサービスとは、複数の企業が提供するサービスを集積し、
1つのサービスとして利用できるようにしたサービス形態です。
まあ、いろんなニュースをごった煮でとってきて、
意見を言い合うサイトということか。

で、肝心のサイトはというとこちら。
ザ・ハフィントン・ポスト

初めて開いてびっくり。
これって、単なる個人レベルのブログニュースサイトじゃない!?と

まあ、最初は、安倍首相の記事を載せたりと
色々話題性を出して入るようですが。。。

もう少し様子を見ないと定着するのかよくわからないですね。

(Visited 33 times, 1 visits today)