WordPressの分析をするにはGoogleタグマネージャーが便利!


【中小企業診断士 IT研究会の「PIT」が本ブログは提供しています】

HP分析するには、いろいろタグを埋め込みます。例えば、このPITのHPでは、アクセス解析のGoogleAnalyticsが貼り付けられています。HP上で右クリックしてソースを表示すると、GoogleAnalyticsのコードが貼り付けられているのがわかります。

tagm01

tagm02

まあ、GoogleAnalyticsは実際はこのタグたちをHPに直接貼り付けているのではなく、Wordpressのプラグインで貼り付けていますから面倒ではないですが、いろいろこのようなタグを貼り付けるとだんだんどこに何を貼ったかわからなくなっていきます。そんな時、タグを一元管理してくれるのがGoogleタグマネージャです。
tagm03

タグマネージャに登録して、コンテナを作ります。コンテナは分析したい単位ごとに登録します。ここではこのサイトPITを登録しました。
tagm05

そうすると、タグマネージャを使えるようにするためのタグが出力されます・・・タグのためにタグを貼り付けるのか。。。
tagm06

WordPressの場合は、タグマネージャ用のプラグインがあるので先に入れてみます。
GoogleTagMangerをインストールしました。
tagm07

設定の一般の項目に、GoogleタグマネージャのIDを入れる項目ができているので入れてみました。
tagm08

なにやら準備ができたようです。ここで新しく登録するタグを登録しておきます。(なお、もともと別のプラグインでGoogleAnalyticsの設定をしていたのですが、今回はこのプラグインを停止しました)
tagm09

新しいタグを作成して、GoogleAnalyticsを選択します。
tagm10

GoogleAnalyticsからトラッキングコードを取得して貼り付けました。
tagm11

そして最後に公開してみます。
tagm12

そうすると、HPのソースを見ても、Googleタグマネージャのコードはありますが、Analyticsのコードはありません。
tagm13

でも、ちゃんとAnalyticsのデータはとれています。どのボタンが何%クリックされたか見えます!
tagm14

とここまで、Analyticsのコードしか入れていないので、あまりGoogleタグマネージャの威力は感じられません(^^;

ボタンにコードを埋め込んだり、コンバージョン計測してるサイトなら有効なのですが、今日はここまでとしたいと思います。

(Visited 48 times, 1 visits today)

関連記事

PITとは

実践IT研究会の略称です。
Practical Infomation Technology

中小企業診断士の研究会で、
診断士のIT力アップと、
中小企業のIT化支援の手法を
研究しています。
ページ上部へ戻る