「クラウドファンディング」と「フェースブック」で好きなスポーツをサポート!


【中小企業診断士 IT研究会の「PIT」が本ブログは提供しています】

「クラウドファンディング」が結構利用されているようですが、まだ身近ではありませんでした。

「フェースブック」もユーザーですが、「フェースブック広告」は、まだ出したことがありません。

でも、PITのメンバーが、「クラウドファンディング」と「フェースブック広告」で、「スカッシュ」を東京オリンピックの

競技種目にするために、サポート活動をしているというお話を聞いて、それぞれが身近なものに感じられるようになりました。

まずは「クラウドファンディング」

~今年の東アジア選手権でのメダル獲得を目指して。

https://cf.sportie.jp/sportie/projects/773

「フェースブック」の応援ページ。

スカッシュ

https://www.facebook.com/unofficial.squash.easc2014

そして「フェースブック広告」で、クラウドファンディングのページにとぶ設定にしたそうです。

フェースブック広告のコストは、ワンクリックで、他のインターネット広告媒体よりは安いとのこと。

もちろん、期間内での総コスト、広告オーディエンスの年齢、趣味とかの設定もできるようです。

 

残念ながら、クラウドファンディングの目標金額には到達しなかったようですが、こういう、自分の好きなスポーツの

支援をすることが、まさに「サポーター」なのでしょうね。

私みたいに、毎晩のように、ビールを飲みながら、ワールドカップの試合を見ているだけでは、サポートになりませんね。

ちょっと反省です。

 

 

(Visited 22 times, 1 visits today)

関連記事

PITとは

実践IT研究会の略称です。
Practical Infomation Technology

中小企業診断士の研究会で、
診断士のIT力アップと、
中小企業のIT化支援の手法を
研究しています。
ページ上部へ戻る