ギョーカイ系仕事SNS・Wantedly


【中小企業診断士 IT研究会の「PIT」が本ブログは提供しています】

ある人はビジネスSNSといい、別の人は採用プラットフォームといい、
人によっては転職サイトともいう Wantedly
1万社・70万人/月間くらいは使っているようですね。

調べると、Web業界に関してはもう制覇!って感じのところまできているような。

ビジネスSNSといえばグローバルで1億人以上が登録するLinkedinですが、まぁ、履歴書公開サイト。書き方指南とかいろいろありますが、Linkedinを見る採用担当者は、最も長い時間を「写真」を見るのに使っているそうだとか・笑!  正直、登録はしてみたものの、ずっと放置!

これに対して Wantedly の際立った違いは、プライベート空間であるFaceboookとの積極連携。facebook投稿や友達関係から為人がわかりますよね当然、、、お堅いLinkedinなんかに比べて、立ち位置をずっとカジュアルに振った感じでしょうか。
Web業界で使われるのもわかる気がします。
創業者は 仲暁子 さんという、京大⇒ゴールドマンサックス⇒Facebookな方。いかにも、ですが、凄いですな。

 

で、PITメンバーのX氏も、試しに登録してみました。


151101_Wantedly1

お、画面はLinkedinに比べて段違いにセクシーですね。
メインビジュアルは、大手の求人です。

なんのプロフィール入力もしていないと、完成度が30%以下!とかいって、怒られます。
この状態で自分のホームを見ると、、、右の方に、ウォンテッド・スコア0!とかでます。


151101_Wantedly2
この数値が高いほど、戦闘力があると思っていいのでしょう。
どんなスコアリング・アルゴリズムなのでしょうか。ちなみに友達の繋がりも考慮されるようです。
それでは、「中小企業診断士」を検索キーワードの投入してみましょう。とりゃー!

・・・あ、まだ50人くらいしか登録されてませんよ診断士!

他のソーシャルメディアでのブランディングで思案中の診断士のみなさま、、、こちらはまだ未開のフロンティアみたいです。ご参考まで!

(Visited 40 times, 1 visits today)

関連記事

PITとは

実践IT研究会の略称です。
Practical Infomation Technology

中小企業診断士の研究会で、
診断士のIT力アップと、
中小企業のIT化支援の手法を
研究しています。
ページ上部へ戻る