BtoBとBtoCはどっちのWEBマーケティングがかっこいいの?


【中小企業診断士 IT研究会の「PIT」が本ブログは提供しています】

「楽しそうでカッコ良い、BtoCマーケティングがうらやましい!」――と思っているBtoBマーケターへ
「FacebookやTwitterを使ったBtoCのソーシャルマーケティングは、面白そうで楽しげでうらやましい」と思っているBtoBマーケターは多いらしい。  ITmedia
http://marketing.itmedia.co.jp/mm/articles/1306/18/news061.html

 

BtoB向けソーシャルマーケティングツールとしてLinkedInの有用さを挙げている。
Facebookが楽しさやエンターテインメント性を追求して不特定多数の消費者にアピールする場なら、
LinkedInはプロフェッショナル向けの「有益コンテンツ」により、
ビジネスオーディエンスへアピールするプラットフォームだという。

 

確かに、Facebookセミナーをやったりすると、
うちはBtoBなので、どうやったらいいのか?という質問はよく受ける。

わたしは、BtoCで顧客に対して、関係性をつくるよりは
BtoBで関係性をつくるほうが、まだ、楽だと考えている。
Facebookでの話です。

BtoCはどうしても不特定多数が相手になるわけですが、
BtoBだと、すでに見知った知人というか顧客が相手になる。
そういった顧客とFacebookで商売抜きに交流できていたら
実際の商売も進みやすいのではないだろうか?

リンクドイン・・・まあ、コンセプトはビジネスよりだけどね。。。
でも、身近な顧客が使っていなければ活用しようもない気がするのだが。。。

 

 

 

(Visited 87 times, 1 visits today)

関連記事

PITとは

実践IT研究会の略称です。
Practical Infomation Technology

中小企業診断士の研究会で、
診断士のIT力アップと、
中小企業のIT化支援の手法を
研究しています。
ページ上部へ戻る