最強の商圏拡大ツール? eBayのご紹介


【中小企業診断士 IT研究会の「PIT」が本ブログは提供しています】

みなさん、こんにちはPIT 黒田です。

本日はインターネットによる通信販売市場の一つ「eBay」のご紹介です。

eBayとは、セラー(出品者)とバイヤー(購入者)がワールドワイドに取引を行うマーケットプレイスのこと

eBay

その規模は…

アクティブユーザー数:全世界1億6,200万人

年間取引高: 約10兆円(2015年実績)

出品点数:9億アイテム

つまり、ユーザ数は日本の人口以上、年間取引高は、楽天の国内市場の年間取引高(約2.7兆円(2015年実績))の約4倍!!

 

では商圏はどうなっているのでしょうか?

英語圏:アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、アイルランド、ニュージーランド、インド、マレーシア、フィリピン、シンガポール

ドイツ語圏:ドイツ、オーストリア、スイス

スペイン語圏:スペイン、アルゼンチン、メキシコ

中国語圏:中国、香港、台湾

その他:ベルギー、ブラジル、フランス、イタリア、韓国、オランダ、ポーランド、スウェーデン、タイ、トルコ、ベトナム

ほぼ世界中の先進国が参加しています。

これらの国に同時に販売ができるそうです。

また、International Site Visibilityという機能を使えば、アメリカのeBayに出品した商品をイギリスやオーストラリアなど他の英語圏のeBayに表示できます。(有料:1品0.5ドル)

 

販売方法は「オークション」と「固定価格」の2つ、支払方法はPayPalが標準だそうです。

手数料は

出品側:

1ヶ月に50出品までは無料、それ以上では販売方法により、「固定価格は1出品あたり0.05ドル」、「オークションは1出品あたり0.3ドル

購入側:

落札価格+送料の10%(+PayPalの場合、その手数料(受け取り金額の3.9%+40円))

というわけでeBayのご紹介でしたが、日本の伝統工芸などでうまく活用できれば、日本の文化の発進にも一役買いそうですね。

 

 

(Visited 51 times, 1 visits today)

関連記事

PITとは

実践IT研究会の略称です。
Practical Infomation Technology

中小企業診断士の研究会で、
診断士のIT力アップと、
中小企業のIT化支援の手法を
研究しています。
ページ上部へ戻る