広報担当者、メディア記者双方に便利な企業ニュース・プレスリリース配信サービス


【中小企業診断士 IT研究会の「PIT」が本ブログは提供しています】

自分の会社が新製品を出したり、イベントを開催したりするとき。

自社のHPに載せただけでは、お客様に情報を見つけてもらうのは難しいですよね。

広報担当者としては、当然ネット広告なんかも利用していると思いますが、あるPITの会員は自社の情報発信のツールとして、「プレスリリース配信サービス」を利用しているそうで、これが結構、お手軽・低価格で便利とのこと。

発信したい情報をプレスリリースとして渡せば、大手新聞社・情報会社も含めた主要メディアに配信してくれるサービスです。

たとえば、「@Press」1件、3万円というお手軽価格で、下の図のメディアなどに配信してくれます。

@press配信先メディアサイドの記事執筆者側では、キーワードで欲しい情報を指定しておけるので、自分の興味がある情報だけを受け取れるメリットもあるわけです。確かにこれだけ情報が氾濫している世の中では、情報収集の手間を省くためにはメディアサイドでも、こういうサービスを利用しているんですね。

プレスニュースがメディアサイドの記者の目に留まれば、記事にしてくれます。「@Press」では100以上のプレスリリースが記事になっているようです。

企業の広報担当者サイドに助かるのは、どういうプレスリリースにすれば記事になりやすいのか、アドバイスもしてくれること。また、情報発信後、メディアのどこに載ったか事後調査もしてくれます。

他に、「ニューズ・ツー・ユー(News2u)」という配信サービス会社もあるみたい。

こちらの企業は、1件2.5万円からで、もっとお手軽価格。

更に、ニュースを日本語または英語で配信すれば、いろいろな言語に翻訳してグローバル展開もしてくれます。

こういうプレスリリース配信会社。大手企業も結構利用しているみたいですが、専任の広報担当者を置く余裕のない中小企業でも活用できそうですね!

ではまた!

(Visited 47 times, 1 visits today)

関連記事

PITとは

実践IT研究会の略称です。
Practical Infomation Technology

中小企業診断士の研究会で、
診断士のIT力アップと、
中小企業のIT化支援の手法を
研究しています。
ページ上部へ戻る