パワポ代わり?一味違う?googleが作ったプレゼンツールとは?


【中小企業診断士 IT研究会の「PIT」が本ブログは提供しています】

こんにちは、PIT黒田です。

本日はプレゼンテーションツール、Googleスライドのご紹介です。

 

Googleスライドとは…

Googleが無料で提供するアプリケーションの一つです。(パワーポイントとの互換性があり)

 

ポイント① PC、スマホ、タブレットからアクセス可能&同時編集可能!

ブラウザさえあればGoogleスライドを利用可能なため利用するデバイスを選びません。

また、複数人の同時編集を前提にした機能が用意されています。

hensyu1

 

複数人での編集時に編集者のアカウントでコメントを入れることで、編集の意図を

伝えることができます。

上司がプレゼン資料の修正でレビューコメントを入れる、なんてシーンでも活用できそう。

 

hensyu2

また、メンバー間で相談しながら共同で資料を作る場合には、チャットで意見をやり取りできる

機能が役に立ちそう。

遠隔地にいるメンバーと共同で資料作成が簡単にできるようになっていますね。

 

ポイント② ネットから気に入った画像を検索して簡単に挿入可能!

hensyu3

これはgoogleらしい機能。

またツールの中で画像をトリミングできます。

もちろんgoogle ドライブからお気に入りの画像を挿入したり、スマホやタブレットなら

その場で撮影した画像を挿入するなんて使い方もできそうですね。

 

ポイント③ プレゼン中にその場で質問やいいね!を投稿

hensyu4

プレゼン中に聴講者は、質問用のURLをクリックすることでリアルタイムで質問を投稿したり

いいね!を投稿できます。

発表者がこの質問にその場で返信することで、一方的に情報を伝えるだけになりがちな

プレゼンテーションの場が、双方向に議論を交わす場になって行きそうですね。

 

 

このような特徴をもつGoogleスライド、ツールのインストールも不要なため、

まずは一度試してみてはいかがでしょうか。

(Visited 87 times, 1 visits today)

関連記事

PITとは

実践IT研究会の略称です。
Practical Infomation Technology

中小企業診断士の研究会で、
診断士のIT力アップと、
中小企業のIT化支援の手法を
研究しています。
ページ上部へ戻る