えっ?会計ソフト、消費税上げで買い換えなきゃいけないの?


【中小企業診断士 IT研究会の「PIT」が本ブログは提供しています】

来年4月からの消費税上げが決まってしまいましたが、どうやら「消費税が上がらないと困る」
と思っていたのは財務省のお役人さんだけではなかった様ですね。
会計ソフト会社さんも胸をなでおろしているのではないでしょうか。

お手頃値段の日本の会計ソフト。新バージョンに買い換えないと税率変更に対応できないそうです。

消費税の税率が5%から8%になっても日本の会計ソフトは税率の設定変更ができない(達田さんのブログ)
「税率は5%から変更できません!!!」(おおねださんのブログ)
消費税8%のシステム対応なんて出来て当たり前だよね?(村上さんのブログ)

おととい、メガバンクから中小企業の経理部長に転職した友人と飲みに行きました。

「期初から、いろいろトラブル続きで仕事が大変」とグチをこぼしていました。
(彼は出向ではないけれど、ドラマ半沢直樹の「近藤さん」みたいな悩みを抱えています。
「近藤さん」は東京中央銀行からタミヤ電機に出向しましたが、出向先の経理担当者や社長と
うまくいっていません。)

グチっている友人に追い打ちをかけるように、
「おたくの会社の会計ソフト、消費税上げに対応してる?」と聞いてしまいました。
彼は、「え?そんなの対応してるに決まってるんじゃないの?」と答えました。

彼の会社では「ミロク」の会計ソフトを使っているそうです。
バージョンまでは聞きませんでしたが、「カンタンシリーズ」でないことを心からお祈りします。
(「カンタンシリーズ」も、買い替えが必要です。消費税改正対応についてのお知らせ

彼の仕事がこれ以上増えませんように。。。

彼とは、定期的に飲みに行っていますが、来年4月の期初・消費税上げ後は、しばらく飲みに行けなさそうな
予感がします。。

(Visited 28 times, 1 visits today)

関連記事

PITとは

実践IT研究会の略称です。
Practical Infomation Technology

中小企業診断士の研究会で、
診断士のIT力アップと、
中小企業のIT化支援の手法を
研究しています。
ページ上部へ戻る